2010年05月24日

HP、ブログ解禁で合意=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)

 インターネットを使った選挙運動の解禁を検討している与野党各党の代表者は21日午前、国会内で詰めの協議を行った。調整が残っていた衆院選比例代表単独の候補者の扱いについて、解禁の対象にすることで決着し、選挙期間中のホームページ(HP)やブログの更新解禁を柱とする公職選挙法改正案の内容で大筋合意した。
 今後、各党の党内手続きを経て改正案を最終決定。今国会で成立させ、夏の参院選からの適用を目指す。
 改正案は、候補者本人と政党・政治団体に限ってウェブサイトを利用した選挙運動を解禁する内容で、地方選も対象になる。成り済ましなどの不正行為に対しては、現行法の虚偽表示罪を適用する。
 ただ、ツイッター(簡易ブログ)に関しては、今後策定するガイドラインに基づき当面、使用を自粛。電子メールの解禁も見送る。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)
<口蹄疫>感染した疑いが強い牛と豚 宮城の5農家で確認(毎日新聞)
<不同意堕胎>薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院(毎日新聞)
バイクの加速性能をアピールするためのテーブルクロス引き動画
「つくる会」が厳重処分を申し入れ 浜教組「授業マニュアル」問題(産経新聞)
posted by ナガイ トシヒコ at 15:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。