2010年05月12日

子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施-民主の参院選公約案(時事通信)

 民主党の国民生活研究会(会長・中野寛成衆院議員)が検討してきた財政と社会保障分野に関する参院選マニフェスト(政権公約)の最終案が6日、明らかになった。焦点である子ども手当の満額支給については、財源難を考慮し、増額分を現金ではなく、保育施設の充実など行政サービスによる現物給付に変更する方向性を明記。また、先進国で最悪の財政を立て直すため、消費増税を含む税制抜本改革を4年後に実施する方針を盛り込んだ。
 最終案は7日、公約を取りまとめるマニフェスト企画委員会に提出される。子ども手当を2011年度から現金で満額支給(月額2万6000円)するのは、民主党が昨年夏の衆院選で掲げた「看板政策」だけに、大幅な公約修正は批判を招きそうだ。
 子ども手当の満額支給には、2.5兆円の巨額の追加財源が必要。国債の大量増発を避けるため、最終案では「新たに支給する1万3000円については、財源に十分配慮し、保育施設の充実など現物支給を実施することも検討する」と打ち出した。子ども手当の財源の一部は、結果的に保育所整備などに回ることになりそうだ。 

<凧あげ>大空高くバラモン凧 長崎・五島市(毎日新聞)
<将棋>羽生が38手目封じて1日目終了 名人戦第3局(毎日新聞)
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
posted by ナガイ トシヒコ at 18:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。